期待して寄付したけど、まるで福袋

そもそも返礼品をもらえるのは自治体の厚意で、その内容についてとやかく言うのは納税制度の趣旨にはずれているとは思いますが、 同じ金額を寄付するのであれば、、、と思う方も多いと思います。 昨年、四万十(しまんと)町に寄付を申し込みました。※四万十市とは別の自治体です。金額は40,010円。中途半端な端数がありま すが、町名とかけたものだと思います。 ネーミングが面白いということと、「四万十町の人気商品からセレクトします!限定1000セット」というポータルサイトの説明 書きに惹かれて寄付をしました。

同町の返礼品を見ていると、お魚(鮎やウナギ等)、お肉、お米、スイーツなど、おいしそうなものが数々ラインナップされていました。 4万円も寄付するのだからきっと中身も良いものだろう、と期待が膨らんでいました。 届いたのは段ボール2箱。何が入っているのだろう。とワクワクしてあけましたが、「これはいい!」と思えるようなものは、少な かったように記憶しています。

お値段的には高い返礼率なんだろうな、と思うようなものでしたが、欲しいものかと言われると微妙なものがいくつか入っていて、 よくある「福袋」といった感じでした。特に、栗焼酎や特産のお米(普通のお米と違って香りが特徴的)などは、万人受けするもの ではないので、正直「う~ん。。。」となりました。 同じ自治体に同じ金額を寄付するのであれば、それぞれ1万円×4つを申し込み、自分の好みにあったものを選んだほうが、満足度 は高かったと思います。

ふるさと納税を考える人