柑橘系好きにぴったりの返礼品でした。

初めてのふるさと納税でした。 柑橘系の、特に品種改良されて来た新しい物が好きで、節税対策、興味と食い意地(少々)で急遽利用する事にしました。 2013年12月初旬だったと思います。ふるさとチョイスで柑橘系を探して、見つけたのが、愛媛県愛南町。

商品は蜜柑とせとかから選ぶようになっており、寄付金額は1万円、返礼品が3000円程のせとかです。 他にも色々有りましたが、せとか一本で探していたので、直ぐに応募。 出来れば、同じ年度内で処理をしたかったので、その旨をお伝えしたら直ぐに書類を準備して下さいました、しかも速達で。 手続き自体も早かったですし、とても対応が良かったのを覚えています。

返礼品を貰えるのも嬉しいですが、同意した事業に対して寄付出来る事が嬉しいですよね。 その時に応募した事業は、農業の為の野山の管理だったと思います。 返礼品が到着したのは2014年3月中頃、上等なせとかが10個位入ってました。 商品自体はとても甘く美味しいせとかを頂けて、満足しています。

翌年も同じ商品を探して応募しようと思いましたが、残念ながら金額が以前よりも高く欲しいと思う商品でも無かったので断念しました。 同じ役場でも、年度によって受付金額も違うし返礼品も違うのが良く分かりました。

たくさんのみかん

すぐに、地物の魚が箱いっぱい届きました!

ずっと気になっていたふるさと納税でしたが、手続きが難しそうな気がしていて、なかなか実践できないでいました。我が家は子どもがお魚大好きなのですが、スーパーの鮮魚売り場で見ていても、意外とお値段が高くて、食卓に魚料理が出てくる頻度は低くなっていました。このため、最初にふるさと納税をするなら、返礼品で魚介類をいただける地域が良いなと、思っていました。

そう思いながら決めた納税先は、長崎県松浦市です。一度旅行で行ったことがあり、海も山もあってきれいな場所だったので、印象に残っていました。10,000円を納税しまし、返礼品は選べたので、「旬づくし」という魚介類の盛り合わせを選びました。 インターネットで手続きをして、2日後に松浦市から納税後の手続きに関する書類が郵送で届きました。恐らく市の担当者の方は、ふるさと納税に慣れているので、私のような初心者にもわかりやすい書類でした。それから1週間ほど経った日、今度はクール便で返礼品が届きました。

返礼品は両手で簡単に運べるくらいの箱に入っていて、受け取ったときも軽々持てる重さだったので、あまり期待もせずに子どもと一緒に開封しました。発泡スチロールの箱を開けると、息子が「わー!」と、歓喜の声をあげました。箱には保冷剤などは入っておらず、真空パックになった魚がいっぱいに入っていたのです。サバ、アジ、イカなど、箱から出てきたのは8種類の魚たち。一夜干しやみそ漬けなど、簡単な調理で食べられるものばかりだったので、主婦としてはとてもありがたいものでした。

一つ困ったのは、冷凍庫が入りきらないくらい魚でいっぱいになってしまったこと。嬉しい悲鳴ですが、今後ふるさと納税をするときは、冷凍庫を事前に空けておいてからにしようと思いました。いただいた魚はどれも美味しかったので、来年もまた松浦市に納税を考えています。

数匹の魚