期待していた、すき焼き用の牛肉

滅多に牛肉を買うことはなく、たまに頂けるカタログギフトであったり、ふるさと納税で牛肉を頼むことが多いです。その中で、ある都市の牛肉500gをふるさと納税の返礼品として頼みました。楽しみにしていたのですが、届いてみて蓋を開けると、写真とは全然違いました。

油っぽいのはこってりしていて、あまり食べれないし胃もたれもするので、なるべく赤身だけのものを選び注文したのに脂身ばかりでした。その後、他の方の口コミを見ると、私のように脂身が多かったとの感想がとても多く驚きました。生産が追いつかず、本来入れるはずのなかった脂身をいれたのかわかりませんが、期待外れで少しショックでした。

旦那が脂身を基本的に食べてくれ助かりましたが、せっかく楽しみにしていたので残念でたまりません。例えば注意点に、脂身が沢山交じることがあるとか、写真を送る商品になるべく近いもを使用するとか、何かしらの対処はなかったのか?と思います。お肉の味自体はとても美味しく、量もたくさんあったので、色々調理させてもらいましたが、もう来年からは頼む予定はありません。次回からは口コミをしっかり見て次は頼みたいと思います。

脂身の肉

思い入れだけで納税して少し後悔

私が最初にふるさと納税したのは3年前です。当時、就職を機に上京しましたが引越し先の環境が気に入らずホームシックになりました。住民税を払いたくないと思うほど、新しい住まいの環境に馴染もうとしていませんでした。そんな時に「ふるさと納税」という制度をテレビで知り、寄付額分が住民税から控除されるなら大好きな地元にふるさと納税をしようと考えました。ところが、その頃はお礼品を送ってくれる自治体は今より少なく、私の地元は寄付金に対するお礼品がありませんでした。少し迷いましたが、それでもまあいいか、そんなものかと思い寄付しました。

最近になり、CMでよく「ふるさと納税」という言葉を聞くようになったのでなんとなくスマホで調べてみたら、数年前と比べてお礼品を用意している自治体が倍以上に増えていて、なんと自分の地元にも寄付のお礼品が数種類用意されているではありませんか。あの時ではなくふるさと納税するのを今にしていたら、同じお金でこんなに美味しそうなものを貰えたのにと、あの時メリットがないのにふるさと納税したことを今では後悔しています。次にふるさと納税するときは、感情的にならずにメリットを考えて、そして楽しみながら寄付する自治体を選びたいと思います。

田舎の風景