タイミング悪く届きました

ふるさと納税で地方のお野菜セットを頼みました。お野菜は毎日たくさん使うので申し込みを決めました。買い物に行くとなんとなく使いやすい野菜、家族が好きな野菜や調理のし易い野菜を選んでしまうので普段選ばないような野菜が入ってくるのではと楽しみにしていました。野菜が届くと思いしばらくは、なんとなく買い控えていました。が、申し込みから1ヶ月以上たっても、なかなか届かないので人気なのかと思い、そのうち申し込んだことも忘れてしまっていました。

そしてその後本当に忘れた頃に届きました。ダンボールを開けてみると新鮮で美味しそうなお野菜がたくさん入っていました。予想通り、普段自分では買わないようなお野菜もあって、何を作ろうかとワクワクしながら冷蔵庫をあけました。けれどその冷蔵庫には入る隙間はほとんどありません。全部しまうのにかなりの時間がかかりました。

タイミングの悪いことに週末にお野菜をまとめ買いしてしまっていました。せっかく届いたお野菜を無駄にしたくない一心で2週間くらい飽きないように色々なレシピを頑張って試しました。最初は楽しかったのですが、使い切る頃にはちょっと疲れていたような気がします。申し込みの時に配達日時は指定できませんが、届く目安だけでもわかっていたら、と思います。

カゴに入った野菜

かけこみ寄付における返礼食品の保存は大変

ふるさと納税をする時には、当年の年収により控除の限度額が決まることから、少しでも無駄のない金額を寄付しようと年の終わりに寄付をしてしまいがちです。また、ワンストップ特例の制度を利用しようとする人は、転勤などの転居が伴う異動があると手続きが大変になることも、年の終わりにかけこみ寄付が増える理由になっています。

私の場合も年末のかけこみで寄付をしましたが、長持ちする冷凍食品ばかりを選んでしまいました。。駆け込みで同じ時期に寄付をすると言うことは、よほどの人気で待ち期間がない限り、だいたい同じ時期に返礼品が届きます。そのため、長持ちするから良いと選んだ冷凍食品が、同じ時期に返礼品として一気に届きました。

当然冷凍庫はいっぱいになってしまい、入らない分はチルドにまわし、それでも無理なら解凍して早めに食べると言った状況に。また、冷凍と言っても以外に期間の短いものもあり、同じ時期に寄付をすることで、消費していくことに苦労してしまいました。特に魚や肉と言ったものが多かったため、メイン品ばかりの食事となってしまった点も大変でした。ふるさと納税をする時には、まんべんなくいろんな種類を選んだり、時期をずらすことも考えることをおすすめします。

冷蔵庫を開ける手

ANAでマイルと佐賀牛肉をゲット

ふるさと納税は昨年はじめて利用したが、各地の名産品を節税対策しながら入手することができて面白い制度だと思いました。今年も、どこに納税しようかと考えていたら、全日空(ANA)がふるさと納税を仲介役として始めたので、マイルを貯めていることもあり、一石二鳥とANAのサイトで紹介している各都市から、選択することに決めました。

12月から、ANAが選定した特定の納税先を選択すると、寄付金額100円につき2マイル貰える「ダブルマイルキャンペーン」が開始され、ますますお得に。というわけで、ダブルマイル対象先の中から私が選んだのは、佐賀県玄海町です。海産物も牛肉も多彩なラインナップでしたが、「佐賀牛上場亭 玄海町産佐賀牛300g」を2セットに決めました。

1セット5千円の寄付金額で、等級A4ランク以上のすき焼き用牛肉300gは好還元だと思います。納税方法はyahoo公共料金決済で簡単にお支払いができました。玄海町の対応はすばやく、納税して1週間以内にはお礼のメールと2週間以内には領収証なども郵送されてきました。牛肉の送付も、送付前にメールで連絡があり、それから4日後には自宅に届き、早速すき焼きをして佐賀牛を堪能しました。適度な柔らかさとジューシーなお肉で、またリピートしたいと思います。

霜降りの牛肉