燕市に納税して頂いたのは上質なカトラリー

新潟県の燕市にふるさと納税をしたことがあります。額は5万円ほどで、お礼の品はカトラリーセットでした。中身も充実していて本数も多く、とても上品な光沢があり、食器のことはよくわからない私にも上質なものであることがわかります。普段使いをするのはもったいなく感じられ、主にお客様用として使っています。

燕市といえば金属で有名、というくらいのぼんやりしたイメージしかなかったのですが、国内有数の金属洋食器の産地で海外でも高い評価を得ていることを、ふるさと納税を通じて初めて知りました。調べると燕市には金属を磨き上げる専門の職人さんたちが大勢おり、昔から変わらない技術でその質を守り続けているそうです。伝統の技が生きているのだなと思いました。

もともとはいま使っているナイフやフォークが経年により古びてきて、どこかでいい品を買おうと思っていたのですが、主人がどうせなら質のいいものを手に入れようとあれこれ探して見つけてくれたものです。しかし最初は納税といってもせいぜい3万円くらいの額を考えていたので、「5万円のカトラリーセットが気に入ったから、5万円納税しよう!」と主人が言った時にはためらいました。しかし結果は本当に上質なものをいただいたので決断して良かったです。

カトラリー

茨城県茨城町のふるさと納税について

茨城県茨城町は、北は茨城の中心である水戸市に接し、東は平成27年ラムサール条約に登録された涸沼があり、南の小美玉市には、茨城空港があります。緑豊かな農村地帯で、中央を流れる涸沼側周辺には広大な田んぼが広がっており、空きになると穂をたわわに膨らませた稲が一面に広がっています。その外にも、メロン、お茶、サツマイモ、栗・・・など、農産物に恵まれた食の宝庫です。

また涸沼は、天然記念物に指定されているヤマトシジミをはじめ、多くの水産資源に恵まれています。このように、自然豊かな茨城町のふるさと納税返礼品は、やはり地元の食材を生かしたもの。私が茨城町に寄付した額は4万円で、その返礼品は以下のようなものになります。

・天然うなぎの白焼き
涸沼にはウナギが生息しており、地元の漁師が捕まえた天然ウナギが白焼きに調理されてもらえます。普通のスーパーで売られている蒲焼きとは違い、白焼きは塩だけで焼かれたシンプルなものです。その分素材本来の風味が楽しめます。脂ののった天然ウナギが3尾ももらえて、とってもお得です。

・手ずくり味噌
地元の農家の方が丹誠込めて作った手作り味噌を4個もらえます。それぞれ作り方が異なっており、様々な味を楽しめます。もちろん大豆は全て安心の茨城町産です。

・ハーブセット
地元のハーブ園で栽培したハーブセットがもらえます。10種類ほどの様々なハーブがセットになっています。料理やハーブティーを楽しむ方におすすめです。

寄付金の使い道は、環境保護や伝統文化の保存、子供達の教育などに使われます。おいしいものをもらいながら地域貢献ができて、とても満足しています。

うなぎ

北海道の鮭は安くて美味しくてオススメです

我が家のオススメのふるさと納税は、北海道の鮭です。1本丸々の鮭が冷凍で届きますが、金額は1万円。お店で買っても1万円くらいなので、ふるさと納税で買えたことにより、さらにお得になりました。鮭を1本丸々買った事がなかったので、初めてさばきましたが、骨がやはり硬いので、切り分けるのは大変でした。うちでは、主人に切り分けてもらいました。

切り身もたくさん出来て、小分けにして冷凍。頭や尻尾などはお味噌汁でいただいて、身が小さくなってしまう尻尾のあたりは焼いて鮭フレークにして、お茶漬けやおにぎりにしました。適度な塩加減でとても美味しい鮭でした。

自分で切り分ける分、厚みも調節できるので、スーパーでは中々買えないような少し厚みのある贅沢な切り身にして鮭を楽しみました。丸々1本なので、切り分けて冷凍すると結構なボリュームがあるので、冷凍庫に余裕を作ってから注文した方がいいと思います。

最初は普通のふるさと納税を色々と取り扱っているサイトに登録して、人気商品を検索して頼んでいました。ですが、我が家は楽天でも色々と買い物をしますが、楽天からふるさと納税のお買い物ができたので、今は楽天から注文しています。楽天ポイントがつくのでさらにお得です。

鮭の切り身