蔵造りの町並み、宮城県村田町のひとめぼれ

出身地ではないのですが、よくお世話になっている旅館がある宮城県村田町にふるさと納税をしています。村田町は蔵造りの町並みが残り、こじんまりとした地域ですが人がとても暖かい町です。いつも泊まっている宿で食べるお米がとても美味しい事と、お気に入りの町なので微力ながら応援したいと思い昨年からふるさと納税を始めました。

村田町はそら豆も名産品で毎年6月上旬に道の駅でそら豆祭りを開催しています。5年程前にたまたま通りかかって、初めて焼きそら豆を食べたらすごく美味しくて今では毎年買いに行っています。ふるさと納税の返礼品にも時期にはあった様な気がします。

私がふるさと納税の返礼品で選んでいるのはひとめぼれの玄米です。1万円の寄付で10kgの新米の玄米を送って頂いています。町の広報誌も2ヶ月に一度ほど送って下さるのですが、今年の新一年生の紹介だったり地域色豊かな広報にほっこりします。

10kgだと他の自治体に比べるとコスパという観点ではあまり良い訳ではありませんが、村田町のひとめぼれはとっても美味しいのでお米好きな方にはおすすめしたいです。昨年は夏頃に納税を行ったのですが、台風などの影響で収穫が遅れたようでお米が届く前にもう少し遅くなる旨わざわざ手紙を頂きました。
今年は10月上旬に納税を行ったのですが、1週間程で届きました。

ただ品物を送ってくるだけではなくちょっとした気遣いをして頂けるのもこの自治体の魅力だと思います。何処に納税するか悩んでいる方、宮城県村田町も検討して頂ければと思います。

米

限度額までの寄付で実質2000円でお取り寄せ?

我が家では育ち盛りの子供がいるため食費がかなりかかります。少しでも食費を減らそうと思い、数年前から食品を主にもらえる自治体に寄付しています。

今年は、岡山県吉備中央町に寄付しました。寄付金額に制限はなく、一万円につき20kgのお米がもらえます。一度に20kgのお米が届きますが5kgの4袋になっているため、扱いやすいです。配達してくれるため、重たい物を持たなくて良いのですごく便利です。ご飯をたくさん食べる家庭に特にお勧めします。とても人気のある自治体のため、まだ受け付けているのかは確認をお願いします。

他には、宮崎県都城市に一万円寄付してハンバーグセットをもらいました。宮崎県産の豚肉を使ったハンバーグ100gが8個、宮崎県産の牛肉を使ったハンバーグ160gが10個とソーセージ300g、ベーコンのセットになります。家族の誕生日に食べましたがとても美味しかったので、来年も寄付決定です。

昨年の寄付額第1位だけあって、とても人気のある自治体です。お礼の品もかなり充実していて、お肉や焼酎の返礼品が有りどれにしようか悩みます。私のお勧めはお肉で、豚肉で5kgのものが有ります。月に2回程募集が有りますが、開始して数分で無くなる品が有ります。欲しい返礼品が有る場合は、素早く行動しましょう。

せっかくなので、何時もは買わないものを返礼品として貰うのも良いかも知れません。限度額までの寄付なら、実質2000円でお取り寄せになります。気になっている方は是非行動です!

ベーコン

近江八幡市から近江牛、焼津市からうなぎ!!

私は2015年に滋賀県の近江八幡市と静岡県の焼津市にふるさと納税をしました。どちらの地域も私には縁のないところですが、ふるさと納税サイトで返礼品の評価が高いところを探して寄付先を決めました。

初め、2月頃に近江八幡市に15,000円寄付しました。この時が私にとって初めてのふるさと納税だったので、高額を寄付する勇気がなくて、この額にしました。近江八幡市の返礼品はポイント制で、しばらくするとギフトカタログが送られてきました。バラエティーに富んだ内容で、特に特産の近江牛の商品が充実していました。

ただ、15,000円の寄付で貰えるポイントでは希望の品物を貰えなかったので、自分の収入も考慮して、寄付金を10,000円追加することにしました。計25,000円の寄付金で、高級な近江牛の味噌漬けなどの加工品2種類と、余ったポイントでこれも近江の会社である近江兄弟社のリップクリームの詰め合わせをゲットしました。味噌漬けは脂がのっていて本当に美味しかったです。

ポイント制のメリットは、年をまたいでも期限内に寄付金を追加すればポイントを合算して返礼品に当てられるところです。ボーナスなど、自分の収入の増減に合わせて小まめに寄付金額を増やすことができ、また、少しずつ自分の希望の品物を受け取れるところが便利でした。

近江八幡市の他に、焼津市にも30,000円寄付しました。こちらは、ポイント制ではなく、返礼を選択して寄付をするシステムでした。焼津市には特産の海産物を中心とした魅力的な返礼品が数多く用意されており、選ぶのには迷いました。うなぎの蒲焼きにしたのですが、味もボリュームも大満足でした。

うなぎのかば焼き

納税のお礼品や節税に目が行きがちですが

ふるさと納税というのは、つい納税のお礼の品や節税に目が行きがちですが、納税先を選べるのも楽しみの一つです。今までのいろいろな税金では、納税者が使い道を選ぶなんてことはできません。取られ放しがほとんど好き勝手に使われてるような感じでした。

今までの納税と違いふるさと納税がいいところは、何に使ってほしいとか一応聞かれるので、限度はありますが、ある程度こちらの思いや希望が叶うようになっているような感じがして、納得の上で納税ができるような気がします。

ふるさと納税すれば、今まで住んでいる町から、税金を納めたから令状なんてきたことなんてなかったので、その地方から令状が届くことにまずびっくりしました。

納税の使い道や、令状、お礼の品など、今までにはなかった納税方法だと思います。おまけに確定申告すれば、節税にもなるので、いいことだらけの納税方法です。

そこが気に入って毎年納税しています。

私の選ぶ基準は、地震や台風などでなんらかの被害を受けた地方に特に納税するようにしています。東北震災後の後からですが、毎年東北のお米をわずか数万円ですが、自己満足かもしれませんが少しでも震災復興に役に立つと信じて納税しています。

パソコンを見て何かを探す女性