干物いち押し!で、人にも薦めています

会計事務所で働く私は、仕事柄「ふるさと納税は何がおすすめ?」と、よく聞かれます。

旅行中に生きた蟹が届いたり、家族3人なのに精米が60kg届いたり、納めた金額の割には予想外にお肉が固かったりと色々失敗しました。
最初はどうしても損得勘定でお礼の品を探してしまい、期間限定・数量限定ばかりを狙って申し込んでいました。

2回、3回とふるさと納税をするうちに「干物が一番良いよね」と思うようになりました。でも干物をお礼の品と扱う自治体は、寄付金が1万円~のところが多く。「干物」を買うと考えると案外「高い」と感じます。なので、スーパーでは売っていない「ちょっと良い魚」で、職人こだわりの製法で作られた干物がある自治体を選んで申し込むようになりました。

私の一押しは、島根県江津市の「職人こだわりの灰干し乾燥干物」です。予算に合わせて5千円と1万円と設定があるのも魅力です。灰干し干物は、食通といわれる人たちをうならせるほど美味しいと言われています。

実際に食べてみると、塩が強い一般的な干物と違って、塩分控えめで魚臭くなく、旨みが凝縮されているのが分かります。焼くと身はふっくら柔らかく、皮まで美味しく食べられます。冷凍できるから日持ちもするし、急いで消費しなくていいのが干物の良さです。

今日晩ご飯作るのが面倒な時にも重宝すると思います。ご飯と灰干し干物だけで十分ご馳走になります。ぜひ、おすすめです!

開いた魚

宮崎県都城市に一万円の寄付

宮崎県都城市に一万円の寄付をして、お礼の品きなこ豚4kg盛セットを貰いました。

都城市はお肉の御礼品が有名で人気があるので品切れになっていることも多いですが、タイミングが合えばとてもお得な御礼品をが貰えます。

今回の豚肉セットの内容は細切れ500g×4パック、ミンチ500g、モモスライス500g×2パック、ハンバーグ500gでした4kgという大容量もさることながら、500gずつパックになっていますのでとても使いやすく便利です。また細切れ肉とミンチ肉はパラパラ冷凍になっていますので、ジッパー付き袋から使いたい分だけ出すことができます。

お肉の御礼品はたくさんありますが、一度に大量消費できないという理由で敬遠している人も多いかもしれません。この御礼品は少量だけ使いたいという人には本当におすすめです。肝心のお味もしっかりとしていてとてもおいしいです。ただ4㎏のお肉は思っていたよりスペースをとりますので、冷凍庫に余裕があるときがおすすめです。しばらくは豚肉を購入せずに色々な料理を作ることができますので、食費の節約にもなります。

牛肉も良い御礼品がたくさんあるようなので次回は牛肉を御礼の品に貰おうと思います。

色んな種類の肉

熊本への支援の気持ちを込めて。

熊本地震の支援が何も出来ていなかったことと、お中元のシーズンということがマッチして、今年のお中元はふるさと納税での返礼品を日頃お世話になっている方々に贈りました。

私が利用したのは、熊本県の芦北町というところです。熊本産のフルーツを使用したゼリーやジュースなどか返礼品で豊富に揃っていました。金額一万円の寄付に対して、大体3000円前後の返礼品という感じでした。私は一万円の寄付を5件ほどしました。お中元対応で、そのまま相手先に郵送してくれるということでとても助かりました。

場所によっては、一万寄付してこの返礼品か…というような地域もたくさんあるので、今回はかなり良かったです。また、まだまだ数は少ないのですが、楽天市場などのサイトを通して寄付ができる地域もあり、楽天のポイントもたまったりとお得に納税ができる仕組みが出来てきています。

利用したわけではないのですが気になったのは、山形市の『見守りサービス』というもの。地元を離れてしまい、なかなか帰ることができず、親を心配する子供をターゲットとした、モノではない、サービスとしての返礼品です。親の家の掃除をしてもらったり、親の近況の報告を受けられるそうで、面白いと感じました。

お皿に盛りつけたゼリー