思い入れだけで納税して少し後悔

私が最初にふるさと納税したのは3年前です。当時、就職を機に上京しましたが引越し先の環境が気に入らずホームシックになりました。住民税を払いたくないと思うほど、新しい住まいの環境に馴染もうとしていませんでした。そんな時に「ふるさと納税」という制度をテレビで知り、寄付額分が住民税から控除されるなら大好きな地元にふるさと納税をしようと考えました。ところが、その頃はお礼品を送ってくれる自治体は今より少なく、私の地元は寄付金に対するお礼品がありませんでした。少し迷いましたが、それでもまあいいか、そんなものかと思い寄付しました。

最近になり、CMでよく「ふるさと納税」という言葉を聞くようになったのでなんとなくスマホで調べてみたら、数年前と比べてお礼品を用意している自治体が倍以上に増えていて、なんと自分の地元にも寄付のお礼品が数種類用意されているではありませんか。あの時ではなくふるさと納税するのを今にしていたら、同じお金でこんなに美味しそうなものを貰えたのにと、あの時メリットがないのにふるさと納税したことを今では後悔しています。次にふるさと納税するときは、感情的にならずにメリットを考えて、そして楽しみながら寄付する自治体を選びたいと思います。

田舎の風景

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)