納税のお礼品や節税に目が行きがちですが

ふるさと納税というのは、つい納税のお礼の品や節税に目が行きがちですが、納税先を選べるのも楽しみの一つです。今までのいろいろな税金では、納税者が使い道を選ぶなんてことはできません。取られ放しがほとんど好き勝手に使われてるような感じでした。

今までの納税と違いふるさと納税がいいところは、何に使ってほしいとか一応聞かれるので、限度はありますが、ある程度こちらの思いや希望が叶うようになっているような感じがして、納得の上で納税ができるような気がします。

ふるさと納税すれば、今まで住んでいる町から、税金を納めたから令状なんてきたことなんてなかったので、その地方から令状が届くことにまずびっくりしました。

納税の使い道や、令状、お礼の品など、今までにはなかった納税方法だと思います。おまけに確定申告すれば、節税にもなるので、いいことだらけの納税方法です。

そこが気に入って毎年納税しています。

私の選ぶ基準は、地震や台風などでなんらかの被害を受けた地方に特に納税するようにしています。東北震災後の後からですが、毎年東北のお米をわずか数万円ですが、自己満足かもしれませんが少しでも震災復興に役に立つと信じて納税しています。

パソコンを見て何かを探す女性

干物いち押し!で、人にも薦めています

会計事務所で働く私は、仕事柄「ふるさと納税は何がおすすめ?」と、よく聞かれます。

旅行中に生きた蟹が届いたり、家族3人なのに精米が60kg届いたり、納めた金額の割には予想外にお肉が固かったりと色々失敗しました。
最初はどうしても損得勘定でお礼の品を探してしまい、期間限定・数量限定ばかりを狙って申し込んでいました。

2回、3回とふるさと納税をするうちに「干物が一番良いよね」と思うようになりました。でも干物をお礼の品と扱う自治体は、寄付金が1万円~のところが多く。「干物」を買うと考えると案外「高い」と感じます。なので、スーパーでは売っていない「ちょっと良い魚」で、職人こだわりの製法で作られた干物がある自治体を選んで申し込むようになりました。

私の一押しは、島根県江津市の「職人こだわりの灰干し乾燥干物」です。予算に合わせて5千円と1万円と設定があるのも魅力です。灰干し干物は、食通といわれる人たちをうならせるほど美味しいと言われています。

実際に食べてみると、塩が強い一般的な干物と違って、塩分控えめで魚臭くなく、旨みが凝縮されているのが分かります。焼くと身はふっくら柔らかく、皮まで美味しく食べられます。冷凍できるから日持ちもするし、急いで消費しなくていいのが干物の良さです。

今日晩ご飯作るのが面倒な時にも重宝すると思います。ご飯と灰干し干物だけで十分ご馳走になります。ぜひ、おすすめです!

開いた魚

宮崎県都城市に一万円の寄付

宮崎県都城市に一万円の寄付をして、お礼の品きなこ豚4kg盛セットを貰いました。

都城市はお肉の御礼品が有名で人気があるので品切れになっていることも多いですが、タイミングが合えばとてもお得な御礼品をが貰えます。

今回の豚肉セットの内容は細切れ500g×4パック、ミンチ500g、モモスライス500g×2パック、ハンバーグ500gでした4kgという大容量もさることながら、500gずつパックになっていますのでとても使いやすく便利です。また細切れ肉とミンチ肉はパラパラ冷凍になっていますので、ジッパー付き袋から使いたい分だけ出すことができます。

お肉の御礼品はたくさんありますが、一度に大量消費できないという理由で敬遠している人も多いかもしれません。この御礼品は少量だけ使いたいという人には本当におすすめです。肝心のお味もしっかりとしていてとてもおいしいです。ただ4㎏のお肉は思っていたよりスペースをとりますので、冷凍庫に余裕があるときがおすすめです。しばらくは豚肉を購入せずに色々な料理を作ることができますので、食費の節約にもなります。

牛肉も良い御礼品がたくさんあるようなので次回は牛肉を御礼の品に貰おうと思います。

色んな種類の肉

熊本への支援の気持ちを込めて。

熊本地震の支援が何も出来ていなかったことと、お中元のシーズンということがマッチして、今年のお中元はふるさと納税での返礼品を日頃お世話になっている方々に贈りました。

私が利用したのは、熊本県の芦北町というところです。熊本産のフルーツを使用したゼリーやジュースなどか返礼品で豊富に揃っていました。金額一万円の寄付に対して、大体3000円前後の返礼品という感じでした。私は一万円の寄付を5件ほどしました。お中元対応で、そのまま相手先に郵送してくれるということでとても助かりました。

場所によっては、一万寄付してこの返礼品か…というような地域もたくさんあるので、今回はかなり良かったです。また、まだまだ数は少ないのですが、楽天市場などのサイトを通して寄付ができる地域もあり、楽天のポイントもたまったりとお得に納税ができる仕組みが出来てきています。

利用したわけではないのですが気になったのは、山形市の『見守りサービス』というもの。地元を離れてしまい、なかなか帰ることができず、親を心配する子供をターゲットとした、モノではない、サービスとしての返礼品です。親の家の掃除をしてもらったり、親の近況の報告を受けられるそうで、面白いと感じました。

お皿に盛りつけたゼリー

初めてのふるさと納税でもらったもの

数年前にテレビでふるさと納税をテーマにしていたニュースを見て、なんとなく興味はあったものの手続きが面倒な気がしてそのままにしていました。ある日「和牛を食べたいね」という相方の一言で、そうだ!和牛もらえるかも!と不純な動機からふるさと納税をしたい、と思いました。

とはいううものの実際何をどこから始めればいいのかわからず、まずは”ふるさと納税”をネットで検索することから始め、そこであがってきたのが、”ふるさとチョイス”というサイト。ふるさと納税がどんなものか、また何をもらえるのか、寄付した地域ではどんな事に力を入れているのか、いろんな事が書かれていました。自分の還付金金額の上限を知るのにあたりシュミレーターを使い金額をチェック。

和牛が食べたい!の欲求から美味しそうな和牛シリーズを選択していくうちに、和牛も沢山の地域で生産している事を知りました。

ふるさとチョイスからの手続きを終え、鹿児島県の鹿屋市に納税させていただきました。納税額は3万円ほど、待つこと約3週間。クール宅急便にて届いたのは綺麗な霜降りの大きな和牛。

美味しい和牛を美味しく食べる為のお肉の焼き方・そのお肉にあった美味しいお酒・それにあう料理等、相方と色々調べながら和牛パーティーを開催しました。

それはそれは、幸せなひと時。美味しい食べ物は人を笑顔にするんだなあと改めて実感しました。

美味しい物を頂きつつ、納税をしなければ知らなかったその地域の事。とても勉強になりました。不純な動機から始まったふるさと納税ですが、自然災害にあわれた地域の方達にも、微力ながらも貢献できる事も知りました。

今年は地域で起こったニュース等みながら、不純な動機以外の目線でふるさと納税参加したいです。

牛のイラスト

細かい納税で色々な種類の返礼品を楽しむ

自分と家族を含め、お肉が好きなので、返礼品がお肉の地域に絞って納税したいと考えたので、ふるさと納税のまとめサイトを使い、返礼品の検索から絞っていきました。始めて2年目ではありますが、今まで納税をした地域、納税額、返礼品は以下の通りです。

北海道夕張郡栗山町 10,000円、ハム、ソーセージ盛合せ
北海道遠別町 5,000円 マグボトル2本
宮崎県日南市 5,000円 豚肉
山梨県甲州市 5,000円(×2) ワイン豚(2回納税)
静岡県焼津市 5,000円 マグロのたたき
佐賀県玄海町 5,000円 玄海町産佐賀牛
高知県奈半利町 5,000円 米ヶ岡ポーク満喫セット1kg相当
大阪府泉佐野市 5,000円 黒毛和牛切落しドカ盛500g

どれも内容については満足できるものでした。

中でも山梨県甲州市はワイン豚を中心に品切れになっていることが多く見受けられましたので、多くの方々が注目しているということでしょう。その注目を裏切らない内容でしたので、お勧めです。また、大都市を狙わず、比較的町単位に的を絞り、食べ物であれば酪農、農業、漁業の盛んな地域を見つけ、コストパフォーマンスの高い品物を選ぶのがいいと思います。

半分に切ったソーセージ

ふるさと納税のおすすめ地域一覧

家族の好物を果物中心に日持ちのするもの、生ものでも日持ちのするものに変えられるものを中心に納税しています。

毎年必ずもらっているのは、鳥取県米子市1万円寄付をして「新甘泉」という梨。米子市への納税は地元企業のお菓子やせっけん、お茶、ヨネギーズ(米子市のゆるキャラ)グッズも別途送られてきてお得ですよ。

マンゴーは鹿児島・沖
縄エリアがメインです。今年は沖縄県竹富町への1万円の寄付でアップルマンゴー大玉2個頂きました。完熟で甘くて美味しかったです。梨とマンゴーは家族全員の好物なので、あっという間になくなってしまいます。

桃、洋ナシといった果物はコンポートにして保存食に加工できるので、5Kg程度送られても平気。今年長野県豊岡村への1万円の寄付で「あかつき」桃5Kg頂きました!洋ナシは山形が名産地なので、提供地域が沢山ありますが、旬まであと数か月あるせいか、まだ募集が出そろっていない感じです。早く募集が出てほしい!

果物加工品は日持ちして良いです。愛媛県八幡浜市への1万円の寄付でみかんジュース大瓶6本頂きましたが、1年以上の賞味期限があるので、長く美味しさを楽しめます。普通のみかんジュースとみかんとオレンジを掛け合わせた新種のジュースのセットで飲み比べも楽しめます。

桃

旬の果物を楽しめるふるさと納税

ふるさと納税が確定申告不要になったり、金額が増えたこともあり「ふるさとチョイス」というサイトに登録し、去年初めて夫婦でふるさと納税をしました。
まず、生まれたところや今まで住んだところ、子供が大学で通ったところなどたくさんのお世話になった自治体があったのでそれぞれの自治体でのふるさと納税を確認しました。
「ふるさとチョイス」で申し込めるかの可否、クレジット払いの可否など条件がいろいろでしたが、クレジット払いに限定して探したところ、主人の出身地(北海道砂川市)が申し込めたので10,000円でリンゴの返礼品を選びました。
すぐに届き、まず送り主が市長だったのでびっくり!リンゴもとてもおいしいリンゴだったので大満足。主人が生まれ、また今現在両親も住んでいる砂川市にすこしでも貢献できた気持ちになりました。
また、食べたいものも選んでみたのは隣町、当麻町の10,000円「でんすけすいか」。これはブランドすいかで高いため贈答品というイメージがあり、見かけることはあってもなかなか自分では購入することができませんでした。この夏、「でんすけすいか」が届くのがとても楽しみです。
それぞれの自治体からは返礼品だけではなく、紹介するパンフレットやメールが届き、返礼品に興味があって始めましたが、納税した街が身近に感じられてとてもいい制度だと感じています。

スイカ

ワイン目的で甲州市にしました。

ふるさと納税に興味がなかったですが、友達が良いよって勧めてくれて、昨年初めてふるさと納税をしました。どこの地域にするかは欲しい特産品がある所を選びました。
ワインが大好きだったので、ワインの返礼品が豊富に揃っている甲州市に15000円しました。ワインをもらえるプランはいくつかありましたが、量重視で15000円のプランをチョイスしました。750lmlの赤、白ワインを1本ずつと、小瓶でロゼなどを数本もらいました。

どれも美味しくて、本場山梨の味を堪能できました。ワイン好きの方は甲州市がお勧めです。ほかの地域でもワインの返礼品があるところもあるので、また試してみたいなと思っています。山梨のワインはフルーティーでどれも飲みやすいです。山梨に旅行に行きたいけど、なかなか行けないでいたので、少し山梨を感じることができて小旅行した気分です。

また山梨の甲州市を選んだもう一つの理由には、山梨に仲のよいお友達がいたのもあります。出身が静岡なので、もともと隣県だったので身近に感じていたところでもあったからです。どこにしようかと迷う場合は、返礼品プラス、ゆかりのあるところなども考慮にいれて選ぶと良いと思います。

赤ワインの瓶

コスパがよい市: 宮崎県都城市、高知県室戸市、静岡県焼津市

都城市は検索すると必ず上位に出てくる市だとウワサがありますが、そのとおりです。(期待されているのを知ってか、年々ヒートアップしているようにさえ思います。)今年は1万円の寄付で豚肉5kgをいただきました。お肉と焼酎のパフォーマンスがよいです。
申し込むと、非常に迅速に寄付証明書を発行してくださいますし、返礼品の到着が遅いな と感じたことはありません。3年前から、1万円もしくは2万円で、焼酎と豚肉メインで寄付しておりますが、焼酎に黒霧島が含まれているので、焼酎好きは大喜びかと思います。

細かく寄付するのが面倒な方には、5万円でコスパのよい、高知県室戸市をお勧めします。
土佐深海焼酎 空海(麦焼酎)18本セット(1.8リットル×18本)です! 6本1ケースが3箱同時に届くので、保管場所が必要にはなります。ちょっとした居酒屋気分になれます。

静岡県焼津市ですが、1万円で10kgのハラモ(焼物用「かつおの腹部位」)のお得なセットを受け取ったことがありますが、冷凍庫に空きが必要で、ご近所に分けても賞味期限内には食べきれませんでした。

後は、まだまだありますが、ご自分や家族でワイワイ比較しながら選ぶのも楽しいと思います。

お酒の瓶のイラスト