おすすめのふるさと納税長野県阿南町

私が実際にふるさと納税をした経験上おすすめしたいのが長野県阿南町です。1万円の寄付でお米20キロ頂けました。阿南の誉というお米で食べてみた感想としてはくせもなく非常に美味しく食べやすいものでした。10キロ単位で月を分けて頂くことができるので、いっぺんに届いてお米を痛ませることもないです。

お米は生活必需品と言えるものですし、20キロと量も多いので家計は大助かりです。更に宅配便で送って頂くのですが、意外とこれが嬉しかったりします。車がない家庭では非常に共感して頂けると思うのですが、買い物に行きお米を買ってくるのはけっこな重労働です。なので宅配便で送って頂けるのは非常に助かるのです。

更にお米を頂いた翌年、長野県阿南のお味噌が送られてきました。募集要項にはお米の記載しかなかったので頂いたお味噌が最初から予定されていたかどうかはわからないのですが、ふるさと納税のお礼状が同封されていたのでふるさと納税の返礼品であることは間違いないでしょう。

お米とお味噌は普段の生活で欠かせないものなので、地域の味を楽しめるという点も魅力ですし、節約という点でもふるさと納税をする時は長野県阿南町はおすすめです。

お茶碗によそったごはん

「故郷」へふるさと納税してみた!

私は今年度初めて、ふるさと納税を体験しました。既婚者で主人の扶養家族として、年末調整をしてもらっていますので、主人の名前で私の出身県に。私は長崎県の出身で、何か長崎に貢献できる事があれば良いなという事、お礼の品の人気が長崎県が高かったのを知り、ふるさと納税しました。予算は2万円でまずは「長崎県島原市」に1万円。「長崎県松浦市」に5千円分の寄付をしました。

長崎県島原市の方のお礼の品は島原のブランド豚肉の「舞豚」で、中は2.5キロの焼き肉としゃぶしゃぶ用のセットでした。こちらは何としゃぶしゃぶで食べた際、臭みもなくアクがほとんど出ないお肉で、家族にも大好評でした。

続いて、長崎県松浦市のお礼の品は松浦で採れた地元野菜と卵の詰め合わせでした。ちょうど時期が夏を少し過ぎた頃だったのですが、中身が枝豆やなす、きゅうりやトマトなどのお野菜でした。トマトがとても甘味のあるもので美味しかったです。卵は採れたての濃厚な卵でしたので臭みがなく、卵かけご飯が絶品でした。

あと残りの5千円の予算でふるさと納税したのが、色々迷って「静岡県焼津市」でした。私も主人も縁もゆかりも無い場所なのですが、お礼の品の駿河湾で獲れた「桜エビとしらす」のセットに惹かれてこちらに決めました。こちらも駿河湾名産の物でしたので、ご飯と美味しくいただきました。

私のおススメ地域は断然「長崎県島原市」の豚肉の舞豚です。実は私、お肉があまり沢山食べれる方ではないのですが、このお肉は臭みもほとんどなく、本当に食べやすくパクパクと食べられました。内容量も主人の家族と5人で食べましたが、それでも少し余るくらいお腹いっぱい食べられる量でしたので、来年も寄付しようかなと検討しているところです。

自分の育った地域に貢献出来、税金の控除も受けられてお腹も心も満たされるので、来年もふるさと納税を実践したいと思っています。

しゃぶしゃぶの様子

新米をつきたてでいただけるのは、最高です。

山形県金山町に10000円を寄付し、返礼品としてつや姫玄米5キログラムと、新米はえぬき玄米5キログラムをいただきました。もとは農家だったので、米づくりもしていたのですが、両親も高齢になってきて、出来そうにないということで、最近はスーパーでお米を買うようになっていました。なのに、税金をおさめるついでにお米が返礼品で貰えるというのを知り、とびついてふるさと納税をすることにしました。

玄米なので、白米にするためにお米をつく(精米する)ことが必要になるのですが、つきたてのお米はとても美味しいですし、何と言っても新米なので、つやつやでお米を炊いたら炊飯器のなかで米がたっているので、見た目からも美味しいです。お米を精米する機械が家にない方や、近所にない人は、もう白米になっている分を頼むのがいいと思います。

古いお米でも美味しいのですが、やっぱり新米は最高ですよ。お正月の間は、新米を食べたかったので、新米を返礼品としていただけるところをチョイスしました。ふるさと納税だけで、1年に食べるお米をまかなうことはできないのですが、だいぶ家計の助けにはなってくれるので、つづけていこうと考えています。場所によっては、同じ金額でもお米の量が違うので、それを調べてから頼むとお得だと思います。

升に入れた米と稲

タイミング悪く届きました

ふるさと納税で地方のお野菜セットを頼みました。お野菜は毎日たくさん使うので申し込みを決めました。買い物に行くとなんとなく使いやすい野菜、家族が好きな野菜や調理のし易い野菜を選んでしまうので普段選ばないような野菜が入ってくるのではと楽しみにしていました。野菜が届くと思いしばらくは、なんとなく買い控えていました。が、申し込みから1ヶ月以上たっても、なかなか届かないので人気なのかと思い、そのうち申し込んだことも忘れてしまっていました。

そしてその後本当に忘れた頃に届きました。ダンボールを開けてみると新鮮で美味しそうなお野菜がたくさん入っていました。予想通り、普段自分では買わないようなお野菜もあって、何を作ろうかとワクワクしながら冷蔵庫をあけました。けれどその冷蔵庫には入る隙間はほとんどありません。全部しまうのにかなりの時間がかかりました。

タイミングの悪いことに週末にお野菜をまとめ買いしてしまっていました。せっかく届いたお野菜を無駄にしたくない一心で2週間くらい飽きないように色々なレシピを頑張って試しました。最初は楽しかったのですが、使い切る頃にはちょっと疲れていたような気がします。申し込みの時に配達日時は指定できませんが、届く目安だけでもわかっていたら、と思います。

カゴに入った野菜

かけこみ寄付における返礼食品の保存は大変

ふるさと納税をする時には、当年の年収により控除の限度額が決まることから、少しでも無駄のない金額を寄付しようと年の終わりに寄付をしてしまいがちです。また、ワンストップ特例の制度を利用しようとする人は、転勤などの転居が伴う異動があると手続きが大変になることも、年の終わりにかけこみ寄付が増える理由になっています。

私の場合も年末のかけこみで寄付をしましたが、長持ちする冷凍食品ばかりを選んでしまいました。。駆け込みで同じ時期に寄付をすると言うことは、よほどの人気で待ち期間がない限り、だいたい同じ時期に返礼品が届きます。そのため、長持ちするから良いと選んだ冷凍食品が、同じ時期に返礼品として一気に届きました。

当然冷凍庫はいっぱいになってしまい、入らない分はチルドにまわし、それでも無理なら解凍して早めに食べると言った状況に。また、冷凍と言っても以外に期間の短いものもあり、同じ時期に寄付をすることで、消費していくことに苦労してしまいました。特に魚や肉と言ったものが多かったため、メイン品ばかりの食事となってしまった点も大変でした。ふるさと納税をする時には、まんべんなくいろんな種類を選んだり、時期をずらすことも考えることをおすすめします。

冷蔵庫を開ける手

ANAでマイルと佐賀牛肉をゲット

ふるさと納税は昨年はじめて利用したが、各地の名産品を節税対策しながら入手することができて面白い制度だと思いました。今年も、どこに納税しようかと考えていたら、全日空(ANA)がふるさと納税を仲介役として始めたので、マイルを貯めていることもあり、一石二鳥とANAのサイトで紹介している各都市から、選択することに決めました。

12月から、ANAが選定した特定の納税先を選択すると、寄付金額100円につき2マイル貰える「ダブルマイルキャンペーン」が開始され、ますますお得に。というわけで、ダブルマイル対象先の中から私が選んだのは、佐賀県玄海町です。海産物も牛肉も多彩なラインナップでしたが、「佐賀牛上場亭 玄海町産佐賀牛300g」を2セットに決めました。

1セット5千円の寄付金額で、等級A4ランク以上のすき焼き用牛肉300gは好還元だと思います。納税方法はyahoo公共料金決済で簡単にお支払いができました。玄海町の対応はすばやく、納税して1週間以内にはお礼のメールと2週間以内には領収証なども郵送されてきました。牛肉の送付も、送付前にメールで連絡があり、それから4日後には自宅に届き、早速すき焼きをして佐賀牛を堪能しました。適度な柔らかさとジューシーなお肉で、またリピートしたいと思います。

霜降りの牛肉

 

兵庫県宝塚市、宝塚歌劇公演ブルーレイ入手

私は宝塚歌劇が好きなため兵庫県宝塚市にふるさと納税で3万円寄付しました。返礼品として宝塚歌劇の宙組公演のエリザベートのブルーレイディスクを選びました。宝塚歌劇の公演のブルーレイディスクは劇場やインターネット通販で購入すると1万円以上するので、ふるさと納税でもらえてとてもうれしいです。中でもエリザベートの公演は宝塚歌劇のCS番組のスカイステージなどでなかなか放送されないので貴重です。

現在は花組のエリザベートの公演のブルーレイディスクも3万円以上寄付でもらえますね。エリザベートファンは是非寄付をオススメします。宝塚歌劇の公演ブルーレイディスクのほか、宝塚の観劇のチケットなどもふるさと納税でもらえるので宝塚のファンの方は必見ですね。ふるさと納税でもらえる観劇のチケットはとても人気なためすぐなくなってしまうので宝塚市のホームページをこまめにチェックし早めに情報を取集し、すぐに申請しましょう。

最近では宝塚歌劇のグラフという雑誌などでもふるさと納税のことを宣伝しているので今後どんどん宝塚市に寄付をする人が増えると予想されます。100周年を迎え、これからますます発展してほしい宝塚歌劇を応援したいため、今後も兵庫県宝塚市にふるさと納税したいです。

チケットのイラスト

地元でとれた美味しい魚介類を堪能できました

今年は北海道根室市に5万円のふるさと納税をしました。その地域でとれる魚介類をもらいたくて応募しました。いただいたものは、ほたてのむき身(1kgくらい)、生さんま(50匹くらい)、花咲がに(2杯)です。これは一度にまとめて送ってもらうのではなく、3ヶ月にわけて発送してもらうものでした。

1回だけで終わるよりは数ヶ月にわたって送ってくれるコースのほうがより楽しめると思い、これにしました。ほたてのむき身は冷凍でしたが、生でも食べれると書いてありました。カルパッチョにしたり炒め物にしたりしていただきました。

次に届いたのは生さんまでした。ふるさと納税の申込をしたのが8月だったので、ちょうどさんまが旬の時期に届きました。脂がのっていてとても美味しかったです。焼いて、お刺身にして、それでもあまっておすそ分けもしました。大好きなさんまを思う存分堪能できました。

最後に届いたのが花咲がにです。これはゆでてあるものを冷凍してありました。自然解凍していただきます。12月半ばに届いたので年末年始に楽しめました。

ふるさと納税をして、住民税が安くなって美味しいものが食べられるので、ぜひともお勧めです。私のお勧めは北海道です。北海道は美味しい海の幸が多いので、いろいろ選べてとても楽しいです。また次回も北海道のどこかにふるさと納税する予定です。

ホタテ

 

さくらんぼと将棋の街からの贈りもの

山形県天童市へ、10000円のふるさと納税をさせて頂きました。山形へは旅行で訪れたことがあり、私の好きなお菓子の会社もあります。また、職場で仲良くなった友達が山形県出身で、山を持っていてきのこやさくらんぼが採れる、田舎で景色がとてもいい、といろんな話をしてくれました。そのせいか、とても身近に感じるようになりました。さくらんぼがとても好きで、昔祖母が高級品と言って食べさせてくれた「佐藤錦」はさすが、格別に美味しいです。

そこで、ふるさと納税というものを知ったときに、天童市はさくらんぼで有名なのは知っていましたので、すぐに決めました。その際、さくらんぼとは別に「将棋の街」ということを知りました。以前から聞いたことはありましたが、私自身は将棋をしたことがないのであまり意識したことがありませんでした。将棋のこまをつくっている、ということに興味をもって画像を拝見すると、職人さんの手作りで、形が立派だというのはもちろん、「王将」や「馬(逆さ文字)」という文字が力強く彫られていることにとても感動しました。

さらに、ふるさと納税でさくらんぼを送ってくださるのと同時に、将棋のこまの根付もプレゼントしてくださるのです。それがとてもうれしくて、しかも将棋のこまの文字は「王将」や「馬(逆さ文字)」などの中から選ぶことができ、その裏に好きな文字を彫っていただけるのです。自分の名前、家族の名前、などです。ちなみに、「逆さ文字の馬」は天童独自のもので、福をよんでくれる「縁起物」とのことです。

さくらんぼの魅力はもちろんですが、将棋もできない私が将棋のコマに惹かれて、自分の名前を彫っていただくことにしたのが初めての天童市へのふるさと納税です。その時送っていただいたさくらんぼが、本当につやつやで可愛らしくて美味しくて甘くて、うれしくて色鉛筆でスケッチしてしまうほどでした。ですので、次の年も家族でふるさと納税をさせて頂きました。今年も含め、数回させて頂き、家族みんなが自分の名前を彫って頂いた根付を持っています。傷がつかないように、私は大切に引き出しの見えるところに入れています。

職人さんにも農家の方にも、優しい街、そして日本であったらいいな、と思うばかりです。とても感謝しています。

将棋のコマ

三人家族では食べきれなかったイクラ

この冬2万円のふるさと納税をしました。返礼品は北海道のイクラです。一キロのイクラ、届いてみて驚きました。以外に量が多いんですね。せめてもの救いは250グラムずつに小分けにされているところでした。250グラムが四パックで一キロということになります。我が家は三人家族なのですが、この量はさすがに多すぎました。イクラと他の海鮮品との詰め合わせにするべきだったと後悔しています。

最初は毎日家族全員でイクラを食べていたのですが、だんだん飽きてしまい、今は食べ残したイクラが冷凍庫を占領しています。いろいろなイクラ料理を作ってはみたのですが、イクラは味が濃く、どんな料理を作ってもイクラの味が主張しすぎで、やはり飽きてしまうのです。一キロを消費するには、もうちょっと大家族のほうがよろしいかと思います。

それにこの商品、それぞれのパックにケースを開けるためのフィルムがあるのですが、開け口が無いんです。フィルムをめくることができないので、包丁でフィルムに穴を開けて、そこからフィルムを破らなくてはなりません。非常に不便です。イクラ自体の味は良いのですが、以上の点から、次回は同じイクラを返礼品に選ぶことはないと思います。次回は色々な海の幸が詰め合わせになったものを選ぼうと思います。

いくら