地元でとれた美味しい魚介類を堪能できました

今年は北海道根室市に5万円のふるさと納税をしました。その地域でとれる魚介類をもらいたくて応募しました。いただいたものは、ほたてのむき身(1kgくらい)、生さんま(50匹くらい)、花咲がに(2杯)です。これは一度にまとめて送ってもらうのではなく、3ヶ月にわけて発送してもらうものでした。

1回だけで終わるよりは数ヶ月にわたって送ってくれるコースのほうがより楽しめると思い、これにしました。ほたてのむき身は冷凍でしたが、生でも食べれると書いてありました。カルパッチョにしたり炒め物にしたりしていただきました。

次に届いたのは生さんまでした。ふるさと納税の申込をしたのが8月だったので、ちょうどさんまが旬の時期に届きました。脂がのっていてとても美味しかったです。焼いて、お刺身にして、それでもあまっておすそ分けもしました。大好きなさんまを思う存分堪能できました。

最後に届いたのが花咲がにです。これはゆでてあるものを冷凍してありました。自然解凍していただきます。12月半ばに届いたので年末年始に楽しめました。

ふるさと納税をして、住民税が安くなって美味しいものが食べられるので、ぜひともお勧めです。私のお勧めは北海道です。北海道は美味しい海の幸が多いので、いろいろ選べてとても楽しいです。また次回も北海道のどこかにふるさと納税する予定です。

ホタテ

 

さくらんぼと将棋の街からの贈りもの

山形県天童市へ、10000円のふるさと納税をさせて頂きました。山形へは旅行で訪れたことがあり、私の好きなお菓子の会社もあります。また、職場で仲良くなった友達が山形県出身で、山を持っていてきのこやさくらんぼが採れる、田舎で景色がとてもいい、といろんな話をしてくれました。そのせいか、とても身近に感じるようになりました。さくらんぼがとても好きで、昔祖母が高級品と言って食べさせてくれた「佐藤錦」はさすが、格別に美味しいです。

そこで、ふるさと納税というものを知ったときに、天童市はさくらんぼで有名なのは知っていましたので、すぐに決めました。その際、さくらんぼとは別に「将棋の街」ということを知りました。以前から聞いたことはありましたが、私自身は将棋をしたことがないのであまり意識したことがありませんでした。将棋のこまをつくっている、ということに興味をもって画像を拝見すると、職人さんの手作りで、形が立派だというのはもちろん、「王将」や「馬(逆さ文字)」という文字が力強く彫られていることにとても感動しました。

さらに、ふるさと納税でさくらんぼを送ってくださるのと同時に、将棋のこまの根付もプレゼントしてくださるのです。それがとてもうれしくて、しかも将棋のこまの文字は「王将」や「馬(逆さ文字)」などの中から選ぶことができ、その裏に好きな文字を彫っていただけるのです。自分の名前、家族の名前、などです。ちなみに、「逆さ文字の馬」は天童独自のもので、福をよんでくれる「縁起物」とのことです。

さくらんぼの魅力はもちろんですが、将棋もできない私が将棋のコマに惹かれて、自分の名前を彫っていただくことにしたのが初めての天童市へのふるさと納税です。その時送っていただいたさくらんぼが、本当につやつやで可愛らしくて美味しくて甘くて、うれしくて色鉛筆でスケッチしてしまうほどでした。ですので、次の年も家族でふるさと納税をさせて頂きました。今年も含め、数回させて頂き、家族みんなが自分の名前を彫って頂いた根付を持っています。傷がつかないように、私は大切に引き出しの見えるところに入れています。

職人さんにも農家の方にも、優しい街、そして日本であったらいいな、と思うばかりです。とても感謝しています。

将棋のコマ

三人家族では食べきれなかったイクラ

この冬2万円のふるさと納税をしました。返礼品は北海道のイクラです。一キロのイクラ、届いてみて驚きました。以外に量が多いんですね。せめてもの救いは250グラムずつに小分けにされているところでした。250グラムが四パックで一キロということになります。我が家は三人家族なのですが、この量はさすがに多すぎました。イクラと他の海鮮品との詰め合わせにするべきだったと後悔しています。

最初は毎日家族全員でイクラを食べていたのですが、だんだん飽きてしまい、今は食べ残したイクラが冷凍庫を占領しています。いろいろなイクラ料理を作ってはみたのですが、イクラは味が濃く、どんな料理を作ってもイクラの味が主張しすぎで、やはり飽きてしまうのです。一キロを消費するには、もうちょっと大家族のほうがよろしいかと思います。

それにこの商品、それぞれのパックにケースを開けるためのフィルムがあるのですが、開け口が無いんです。フィルムをめくることができないので、包丁でフィルムに穴を開けて、そこからフィルムを破らなくてはなりません。非常に不便です。イクラ自体の味は良いのですが、以上の点から、次回は同じイクラを返礼品に選ぶことはないと思います。次回は色々な海の幸が詰め合わせになったものを選ぼうと思います。

いくら

羅臼だけじゃない、浦臼町のメロンも美味しい!

北海道でメロンと言えば夕張メロンや羅臼のメロンが有名ですが、浦臼町のメロンもかなり美味しいです。10,000円のふるさと納税でメロンを赤と青各1玉ずつ返礼品としていただける(品名:メロン赤・青セット)のですが、1年前にふるさと納税デビューした返礼品でもあり、メロンがとても美味しく2種類の味を楽しめることもあって、妻も喜んでいたので2年続けて寄付させていただき、今年も返礼を受けました。中でも赤玉がすごく気に入ったので、更に10,000円の納税で赤玉2個のメロンセット(品名:大玉赤肉メロン2玉)もいただきました。

浦臼町に良い思いをさせていただいたので、もっと貢献してみようと考え次にいただいたのが、同じく10,000円の寄付でいただける「ななつぼし」という品種のお米15kgでした。(品名:【平成28年度産新米】ななつぼし(精米) 15kg)同じ寄付金額で別品種の5kgのものもありましたが、せっかくいただくのならと量を重視してこちらにしました。結果、いただいたお米は甘みもありふっくらと炊き上がって美味しくいただけたので、正解だったと思っています。

これらの経験から、私がお薦めするふるさと納税の地域は「北海道浦臼町」です。

メロンのイラスト

安い寄付金額でミシュランなみの美味しさ

私が平成28年にふるさと納税したヵ所は全部で4カ所で、内3ヵ所が1万円づつ、1ヵ所が5千円の寄付をしました。まず1万円で寄付した地域はと言うと、山形県庄内町、兵庫県丹波市、長崎県平戸市に寄付をしました。

返礼品の内容は、山形県庄内町が新米のつや姫(無洗米)5㎏を2袋と天然水1リットルを2本もらいました。通常お米をもらえる所は、5㎏を2袋とか10㎏を1袋とかですが、天然水2本もついてお得だと感じました。兵庫県の丹波市では、すき焼き用の但馬牛をもらいました。ブランド肉と言うこともあり、証明書なども入っておりさすがだと言う内容でした。

長崎県平戸市では、魚の干物をもらいました。メインとなるマトウダイをはじめ、アジなどの数種類の干物が入っていました。甘口の味付けで、どれを食べても美味しい内容でした。過去に2ヵ所、干物をもらえる県に寄付をしたことがありますが、私の中では今の所、平戸市の干物が1番高評価です。

そして、5千円の寄付をした所はと言うと、佐賀県玄海町になります。ここには2年連続寄付をしており、2回とも同じ返礼品をもらいました。内容は楽縁の鯛茶漬けで鯛が2袋と出汁が2袋入っています。これが絶品です。普通に食べても美味しいですが、私は自己流で、出汁は湯銭して1袋の内半分をお茶漬けに使い鯛茶漬けにします。残りの出汁半分は後日雑炊にして食べると言う2度の楽しみ方をしています。

湯気の出ている鍋

ふるさと納税は、やっぱりお米です。

ふるさと納税でおすすめの品物は、お米です。毎日食べるものなので、家計が助かります。ふるさと納税の返礼品に、お米がもらえる自治体は多くありますが、送られてくる量やタイミングがいろいろです。

いろんな銘柄を食べ比べたいのであれば、複数の自治体に、時期をずらしてふるさと納税すれば、いろいろ食べられますが、そのたびに申し込まないといけないですし、納税してから実際にお米が届くまでの時間を計算しながら納税をするのが面倒な作業になります。また、一度に、30キロ送ってくる自治体もあり、少人数の家庭ですとなかなか消費できない問題もあります。

そんな中、お勧めするのが北海道当麻町です。10万円のふるさと納税をすると、毎月指定した日に、12キロのお米が12か月届きます。(普通のお米5キロ2種類+無洗米2キロ)10万円で144キロはかなり魅力的です。

昨年までは、複数の自治体にふるさと納税していましたが、いつふるさと納税をして、いつごろ届くかを管理するのが面倒でした。今年、初めて当麻町に10万円ふるさと納税をして、毎月決まった日に、玄関までお米が届くようになりました。4人家族(大人2人、小学生1人、未就学児1人)ですが、食べるのが追い付かないぐらいです。消費できないお米は実家にもっていったりします。これで、我が家は、今年お米にかかる経費2000円です。

我が家は、ふるさと納税の金額の上限が10数万円なので、12月に年間の収入が確定したら残りの数万円で、お米以外のふるさと納税を楽しみたいと思います。

家族誰もが楽しめるハムの詰め合わせで大満足

この秋、北海道池田町に三万円のふるさと納税をしました。返礼品は、ハムやウィンナーの詰め合わせです。主な詰め合わせ内容は、ローストビーフ、ベーコン、ハム、サラミ、ソーセージ、ウィンナー、生ハムなどです。北海道のお肉を原料に使われているので、安心だと思いこちらを返礼品に選びました。

写真のとおり、本当に色々な種類の詰め合わせでボリュームがあります。どれから食べるのか迷ってしまうくらいです。それぞれきちんと個包装されているので、保存にも非常に便利だと思います。もしこの詰め合わせをお歳暮にもらったらとてもうれしい品だと思います。

我が家では、生ハムはサラダに入れたり、ワインと一緒に食べました。ソーセージやウィンナーは炒めて、夕食のメニューにしたり、お弁当のおかずとして使うこともできました。ローストビーフには専用のソースも付いていましたので、とても便利でした。入っていたものはどれもすべて美味しく、毎回ありがたく頂きました。

この返礼品は本当におすすめです。我が家ではまた次回もこちらを返礼品に選ぼうと思います。今回は三前円の返礼品でしたが、同じシリーズで二万円用と一万円用とがありますので、少ない量から始めてみるのも良いかもしれませんね。お味の保証はしますので、是非お勧めですよ。

豪華なローストビーフ

 

燕市に納税して頂いたのは上質なカトラリー

新潟県の燕市にふるさと納税をしたことがあります。額は5万円ほどで、お礼の品はカトラリーセットでした。中身も充実していて本数も多く、とても上品な光沢があり、食器のことはよくわからない私にも上質なものであることがわかります。普段使いをするのはもったいなく感じられ、主にお客様用として使っています。

燕市といえば金属で有名、というくらいのぼんやりしたイメージしかなかったのですが、国内有数の金属洋食器の産地で海外でも高い評価を得ていることを、ふるさと納税を通じて初めて知りました。調べると燕市には金属を磨き上げる専門の職人さんたちが大勢おり、昔から変わらない技術でその質を守り続けているそうです。伝統の技が生きているのだなと思いました。

もともとはいま使っているナイフやフォークが経年により古びてきて、どこかでいい品を買おうと思っていたのですが、主人がどうせなら質のいいものを手に入れようとあれこれ探して見つけてくれたものです。しかし最初は納税といってもせいぜい3万円くらいの額を考えていたので、「5万円のカトラリーセットが気に入ったから、5万円納税しよう!」と主人が言った時にはためらいました。しかし結果は本当に上質なものをいただいたので決断して良かったです。

カトラリー

茨城県茨城町のふるさと納税について

茨城県茨城町は、北は茨城の中心である水戸市に接し、東は平成27年ラムサール条約に登録された涸沼があり、南の小美玉市には、茨城空港があります。緑豊かな農村地帯で、中央を流れる涸沼側周辺には広大な田んぼが広がっており、空きになると穂をたわわに膨らませた稲が一面に広がっています。その外にも、メロン、お茶、サツマイモ、栗・・・など、農産物に恵まれた食の宝庫です。

また涸沼は、天然記念物に指定されているヤマトシジミをはじめ、多くの水産資源に恵まれています。このように、自然豊かな茨城町のふるさと納税返礼品は、やはり地元の食材を生かしたもの。私が茨城町に寄付した額は4万円で、その返礼品は以下のようなものになります。

・天然うなぎの白焼き
涸沼にはウナギが生息しており、地元の漁師が捕まえた天然ウナギが白焼きに調理されてもらえます。普通のスーパーで売られている蒲焼きとは違い、白焼きは塩だけで焼かれたシンプルなものです。その分素材本来の風味が楽しめます。脂ののった天然ウナギが3尾ももらえて、とってもお得です。

・手ずくり味噌
地元の農家の方が丹誠込めて作った手作り味噌を4個もらえます。それぞれ作り方が異なっており、様々な味を楽しめます。もちろん大豆は全て安心の茨城町産です。

・ハーブセット
地元のハーブ園で栽培したハーブセットがもらえます。10種類ほどの様々なハーブがセットになっています。料理やハーブティーを楽しむ方におすすめです。

寄付金の使い道は、環境保護や伝統文化の保存、子供達の教育などに使われます。おいしいものをもらいながら地域貢献ができて、とても満足しています。

うなぎ

北海道の鮭は安くて美味しくてオススメです

我が家のオススメのふるさと納税は、北海道の鮭です。1本丸々の鮭が冷凍で届きますが、金額は1万円。お店で買っても1万円くらいなので、ふるさと納税で買えたことにより、さらにお得になりました。鮭を1本丸々買った事がなかったので、初めてさばきましたが、骨がやはり硬いので、切り分けるのは大変でした。うちでは、主人に切り分けてもらいました。

切り身もたくさん出来て、小分けにして冷凍。頭や尻尾などはお味噌汁でいただいて、身が小さくなってしまう尻尾のあたりは焼いて鮭フレークにして、お茶漬けやおにぎりにしました。適度な塩加減でとても美味しい鮭でした。

自分で切り分ける分、厚みも調節できるので、スーパーでは中々買えないような少し厚みのある贅沢な切り身にして鮭を楽しみました。丸々1本なので、切り分けて冷凍すると結構なボリュームがあるので、冷凍庫に余裕を作ってから注文した方がいいと思います。

最初は普通のふるさと納税を色々と取り扱っているサイトに登録して、人気商品を検索して頼んでいました。ですが、我が家は楽天でも色々と買い物をしますが、楽天からふるさと納税のお買い物ができたので、今は楽天から注文しています。楽天ポイントがつくのでさらにお得です。

鮭の切り身